子どもができたら誰もが通る歯磨き教育。

子どもの歯磨きは世代を問わず共通の悩みとして受け継がれ、ついに自分にもその時が訪れてしまったというあなた!

日本人の90%が虫歯になると言われているのを知っていましたか?

だからこそ、子供の頃からの虫歯予防がとても大切なのです。

そしてあなたが思っている以上に同じ悩みを抱えた人がたくさんいます。

○日常のあるあるチェック


  • 子どもが歯磨きをしてくれない
  • チョコレートやアメが大好きな娘の歯が気になる
  • 歯磨きをしたがらない子どもに毎日ガミガミ
  • なかなか歯磨きの大切さを理解してくれない
  • 仕上げ磨き中にいつも逃亡する娘
  • 歯磨きをしない息子の歯が心配
  • ついに子どもの歯に虫歯を発見してしまった

もし、ひとつでもこれらに該当したら今すぐに対策を考えなければなりません。

子供のあるあるからもわかりますが、子どもが歯の大切さを理解するのは簡単なことではありません。

つまり「子どもの虫歯は親の責任」になるのです。

大事な子どもにできることがあるなら早めに手を打つため、どうして虫歯になってしまうのか、どうしたら虫歯にならずに済むのかを知る必要があります。

しっかりとそのメカニズムと対策を学んで、子どもが将来虫歯で困らないようにいっしょに対策を考えていきましょう。

日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合!

子供用歯磨き粉【ブリアン】



ブリアン

虫歯はどうしてできるのか?

世の中には不思議なことに全く歯磨きをしていないのに、虫歯一本すらない人が存在します。

反対に毎日3回しっかり歯を磨いているのにむし歯に悩んでいる人もいるのです。

一体この差は何なのでしょうか?

それは「ミュータンス菌」と呼ばれるいわゆる虫歯菌が大きく関係しています。

生後10ヵ月~36ヵ月までの間に保護者の口から感染したかどうかが大きく影響すると言われており、この時期に感染していない人が前者のように虫歯ができづらい体質、メカニズムになっているのです。

もう少し詳しくお話しすると、保護者からミュータンス菌が感染した子どもが糖分のたっぷり入ったチョコレートやアメなどを食べると菌は一気に増殖します。

そして菌が歯に定着してしまうと、口の中から追い出しにくい状況になります。

みなさんも一度は聞いたことがあるかもしれませんが、「プラーク」という言葉をご存知でしょうか?

プラークとは歯垢のこと(菌の塊)を指しますが、このプラークに虫歯の元凶であるミュータンス菌が潜んでおり、子どもの大好きな甘いものを餌にして酸を作るのです。

この酸が歯の表面のエナメル質を溶かしてしまい、黒い穴ができてしまうのが虫歯です。

特に寝ている間など唾液の分泌が少ない時には、菌が活発に活動するのが特徴です。

増殖してしまった虫歯菌はなかなか取り除くことができないので、親による「幼少期の歯磨き」がとても大切なのです。

虫歯にならないようにするにはどうすればいいのか?

次にどうしたら子どもが虫歯にならずに済むのかを考えていきましょう。

先ほどは虫歯のメカニズムを学びましたが、下記にまとめてみました。

  1. 生後10ヵ月~36ヵ月までの間に保護者からミュータンス菌が感染。
  2. 甘いもの(糖)を食べてミュータンス菌がいっきに増殖する。
  3. プラークに潜み、糖分を餌に酸を出して歯に穴を開ける。

もし、虫歯の原因を排除しようとすれば、これらのことを解決しなければなりません。

子ども自身は虫歯のことをよく理解していないので積極的に歯磨きはしないと考えると、あなたが子どもの虫歯を防ぐ工夫を施してあげる必要があります。

しかし、1.に関してはなかなか根源を断つことは難しいとされています。

親が使ったコップや箸などを使う、キスをするだけで簡単に移ってしまうため、最終的に残る選択肢は、甘いものの頻度を減らし、子どもの歯磨きの頻度をあげることです。

これが根本的な原因を断つために考えるべきことです。

さて、これらを考えた際にあなたがお子さんにできることは何でしょうか?

食事を考える

まず、一つは子どもへ与える食事を考えることです。

「極力甘いものを減らし、糖質を控えさえよう……」

そう今は思っても、子どもは素直ですからきっとすぐに「甘いものが食べたい」と駄々をこねることを思うと結局一つ悩みが増えてしまいます。

そうなったら結局は子どもの歯磨きに頼ることになり、毎日の格闘を迫られることになるのです。

でも、もし子どもが自ら歯磨きをするようになったらどれだけ楽かを考えると、何か対策はないかとやはり新しい答えを探してしまうでしょう。

そこで子どもが進んで歯磨きできるようになるためにできる方法を紹介します。

子どもから歯磨きをする習慣

子どもが進んで歯磨きをするようになるためには大きく分けて二つの方法があります。

一つ目は子どもが歯磨きを終えた際にしっかりと褒めてあげ、「歯磨きをしたらほめてもらえる」と刷り込むことです。

歯磨きをしたらいいことがある、と優しく教えてあげることが子どもを前向きにさせます。

しかし、こちらには大きな弱点があるのはお気づきの方も多いことでしょう。そもそも「子どもが歯磨きをしてくれない」のです。

歯磨きをしてくれなければ褒めてあげることもできないので、強制的に歯磨きをさせることでさらに歯磨きが嫌いになるという悪循環が生まれます。

そこでオススメなのが二つ目の「子どもが好む、おいしい歯磨き粉」を使ってあげるということです。

子どもが歯磨きを嫌う理由の一つとして、歯磨き粉の味が口に合わず気持ちが悪くなり、ひどい場合だとえずいてしまうからです。

これを逆手に取って、子どもが「歯磨きしたらおいしい味がする」と思ってもらえれば、自ら進んで歯磨きするということがおきてきます。

今回、二つに分けて方法を説明しましたが、実はこの二つの方法は組み合わせると大変効果的です。

子どもが前向きに歯磨きをするように、おいしい歯磨き粉を用意してあげて、しっかり歯磨きができたらたくさん褒めてあげましょう。

でも、そうは言ってもどの歯磨き粉を使えばいいのかわからない、そんな方もいると思うので一つ鉄板のおすすめの商品を紹介します。

子どもが歯磨きが大好きになる「ブリアン」とは?

少し復習すると虫歯の根本的な原因は、虫歯菌(ミュータンス菌)が口内で増えてしまうことです。この問題を解決するために、子どもに歯磨きをさせて虫歯菌を取り除く対策をお伝えしました。

今回、紹介する「ブリアン」は子どもが大好きなイチゴヨーグルト味などを採用し、子どもが進んで歯磨きすることを想定し研究を重ねて作られた歯磨き粉なのです。

しかも、人気な理由はそれだけではなく、この歯磨き粉は虫歯ができない子どもの口から見つかった唾液連鎖球菌の善玉菌(BLIS M18)を採用し、口内から天敵である虫歯菌を除去してくれる優れもので、生後10ヵ月~36ヵ月までの間に虫歯菌が口に入ってしまった子どもでも虫歯になりにくい口内環境を作ることができるのです。

このBLIS M18を世界で初めて歯磨き粉に採用したのがこの「ブリアン」なのです。

あれだけ悩んだ子どもの虫歯対策が、たった一つの歯磨き粉で解決できるということで、芸能人のママタレやSNS、メディアにも登場するようになった信頼性抜群の商品になります。

品質を保つため日本工場内で製造を行い、厳しい品質基準をクリアした工場にて丁寧に作られているので安心感もバッチリです。

「ブリアン」がオススメな方

こんな方にこそ「ブリアン」はお薦めです。

セルフチェック

○セルフチェック


  • 子どもが歯磨き粉を嫌がる
  • 子どもに歯磨きの大切さを伝えたい
  • 仕上げ磨きのストレスを減らしたい
  • 食器など分けずに食事をとっている
  • 子どもが進んで歯磨きするようにしたい
  • 子どもの虫歯を見つけた
  • 家族に虫歯がある
  • ついついおやつなど甘いものをあげてしまう
  • ジュースを飲ませることが多い
  • 食べたいだけ食べさせている
  • 仕事で忙しく子どもの歯磨きに付き合えない
  • 仕上げ磨きがちゃんとできているか不安

一つでもセルフチェックに当てはまれば、ぜひブリアンの歯磨きを検討してみてください!

何一つ心配ないというのが理想ですが、今後こういったことが起きるかもしれません。

この機会に子どもの歯のケアにより関心を持って、子どもが成長したときにむし歯のない口内環境を保ってあげれたらどんなに素敵なことでしょうか。

「ブリアン」を使った感想は?オススメな方

実際に「ブリアン」を使用された方のレビューをご紹介します。

仕上げ磨きをさせてもらえない2歳の娘を抱えているOさん

娘がなかなか仕上げ磨きをさせてくれず、いつも泣く娘を抑えて急ぎの仕上げを行っていました。

やればやるほど、娘が歯磨きをどんどん嫌いになっていく気がして不安を感じていていました。

そんなとき、同じ悩みを持つママ友からオススメされたブリアンがまさかのヒット。

娘から「ママ、歯磨きする」と言ってきてくれるようになり、私も娘と歯磨きをする時間が楽しくなりました。

3歳のヤンチャ息子と格闘するKさん

毎日、ため息が出る寝る前の歯磨きタイム。

いつも決まって息子がかくれんぼのごとく、行方不明になるのが歯磨き前でした。

ネットで見かけたブリアンの体験談をみて、ダメもとで購入して使用したところ、なんと息子のかくれんぼは終了となりました。

どうやらイチゴ味が気に入ったらしく、「おいし~」と歯磨きしながら声を漏らす子どもを見るのが楽しく、歯磨きが楽しい日課になりました。

4歳になる子どもの歯磨きの時間をなかなか取れないSさん

職場復帰して忙しくなったことで、娘の歯磨きにじっくりとつきあえる時間が減ってしまいました。

そん中、子どもがすすんで歯磨きをすると聞いて購入したのが「ブリアン」でした。

歯磨きをはじめるまでに苦戦して時間はなくなり、最後の磨き残しチェックをするだけで済むようになったのにはともて助かっています。

ブリアンを使って1年以上経ちますが、相変わらずイチゴ味がお好みのようで一人で磨けたと毎日報告してきます。

今の悩みはブリアンを使った後のゴミをきちんとゴミ箱に入れてくれないことです(笑)

それでも、しっかり歯磨きをする約束を守ってくれている娘と大活躍のブリアンに感謝しています。

「ブリアン」のよくある【Q&A】

「ブリアン」を使う前に、もう少し商品について知っておきたいところですね。

そこで「ブリアンの公式サイト」で紹介されているよくある質問をまとめてみました。

◯ブリアンは何歳から使用できますか?

ブリアンに年齢制限はありません。歯が生えてきた赤ちゃんのうちからでも安心して利用可能です。また間違って食べてしまっても害のないものとなっておりますので、赤ちゃんが摂取しても問題ないようになっています。

◯ブリアンに添加物は含まれていますか?

ブリアンには無添加物で作られた歯磨き粉ですので、食べることも可能です。どうぞご安心ください。製品に含まれている乳酸菌は乳製品由来ではないため、アレルギーをお持ちのお子様にもご利用いただけます。

◯ブリアンはフッ素と併用できますか?

フッ素との併用に関しては歯科医にてご相談ください。ものによっては併用が難しい場合もございます。

◯ブリアンで100%虫歯が防げますか?

ブリアンを使用しても100%虫歯が防げるとは限りませんが、防げる可能性が高くなりますので、使用量等を守ってご利用ください。

◯ブリアンは医薬品に該当するのでしょうか?

いいえ、ブリアンは化粧品に分類されます。

◯ブリアンを購入できるのはインターネットだけですか?

ブリアンは通信販売専用の商品となっておりますので、電話かインターネットでご購入ください。

「ブリアン」を購入するなら今がお得!?

ここまで紹介してきた「ブリアン」ですが……

今なら公式サイトからのみ初回限定で49%オフでご購入ができます。(2017.07現在)

もし、子どもが歯医者で治療をすることばれば、お金だけではなく、精神的にも苦痛を伴うことになります。

私の子どもが4歳のときにむし歯になり、初めて歯医者に連れて行ったときを思い出すと……

泣き叫ぶ子どもを治療する歯医者さんにも申し訳なかったのですが、それよりも何よりもそんな怖い思いをさせてしまった子どもに申し訳ない気持ちでした。

お金も大切ですが、将来的な子どもの健康な歯に少し投資するのは、とても価値のある投資だと思います。

話がソレてしまいましたが、ブリアンに興味を持たれた方は、ぜひ公式サイトをチェック下さい。

日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合!

子供用歯磨き粉【ブリアン】



ブリアン