「甘い」or「塩っぱい」どっちが虫歯になりやすい?

むし歯予防を考えたとき、虫歯になりやすい食べ物はあります。

おそらくみさなさんが虫歯になりやすい食べ物でイメージするのは、アイス、ケーキ、アメ、ジュートいった甘い物ではないでしょうか?

確かに、むし歯と「糖」には大きな関連性ありますので、間違いではありません。

ただし、「甘いものだけに気をつければ虫歯にならない」ということではありません。

「甘い」or「塩っぱい」どっちが虫歯になりすい?

「甘いものばかり食べているとむし歯になるよ」と小さい頃によく言われたとおもいます。

確かにスイーツなど甘いものは、虫歯になりやすい環境を作りだす酸を多く排出する「ショ糖」が多く含まれていますので、虫歯のリスクは高いと言えます。

では問題です。

Q.せんべいやスナック菓子など少し「塩っぱい食べ物」と「甘い食べ物」の代表としてアイスクリーム、どちらが虫歯のリスクが高いでしょうか?またその理由は?

A.答え……スナック菓子。問題にするくらいだから予想がついた方も多いかもしれませんね。

理由はこうです。

スナック菓子を食べると「歯の表面」や「歯と歯の間」などあらゆるところにスナック菓子が付着してしまいます。

そしてこのスナック菓子に含まれる「糖」は、菌の塊であるプラークとなって酸を排出するため、歯は脱灰をはじめます。

なお食べ物には多少に関わらず「糖」が含まれていて、甘いものだけに「糖」が含まれているのではなく、塩っぱいスナック菓子にも「糖」が含まれています。

通常、歯は脱灰と再石灰化を繰り返すのですが、プラークが酸を出している状態が続くと……

歯は脱灰から再石灰化になかなか切り替わることができません。

つまり歯の至るところの付着して残存してしまうスナック菓子のような食べ物は、脱灰の時間を長期化してしまうのです。

この脱灰は歯が溶けている状態で、虫歯になりやすい状態なので、歯にとって好ましいと状況とはいえませんね。

一方、虫歯の原因となる酸を多く作り出す「ショ糖」を含むアイスクリームですが……

アイスクリームの場合、すぐに溶けてしまい、口の中に食べカスが残るようなことは少ないため、脱灰の時間が短いと考えられます。

そのためアイスクリームは、スナック菓子よりも虫歯になる危険性は低いと考えられるのです。

しか~し!

ナッツやクッキーが含まれているアイスクリームの場合は、「ショ糖」にプラスして歯に付着して残存しやすいもののダブルコンボとなる最悪の組み合わせなってしまいますので、この限りではありません!

食べたら歯みがき

では上記のことを踏まえて、虫歯予防で気をつけたいポイントは……

それは、口の中に長時間残存する食べ物は、歯の脱灰の時間を長くするため、虫歯になる危険性を高めるので、「食べたら歯磨きをしてプラークを取り除くことが大切」ということです。

自宅の場合は問題はないでしょうが、外出先で歯みがきができない場合は、なるべくこういった食べ物は避ける……

というのは悲しいので、できれば「歯磨きセット」を持ち歩くのが理想かもしれませんね。

最近は気の利いた飲食店では、トイレに歯みがきセットがおかれていますので、遠慮なく使うといいですよ。

またお仕事されている方は、職場に「歯みがきセット」持ち込んでしっかりむし歯予防をしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は職場に「歯ブラシセット」を常設していて、昼食後や完食後は必ず歯みがきをしています。

虫歯の予防という点では効果はありませんが、口臭防止や食べ物が歯に挟まったいるとみっともないので、口をゆすいでおくくらいはしておきましょう。