まずはじめに、歯は脱灰と再石灰化を繰り返しています。

簡単に説明すると、脱灰は歯が溶ける状態で、再石灰化は歯を元に戻す状態のことになります。

虫歯になりやすいのは、歯が溶ける状態の脱灰のときです。

この「脱灰と再石灰化」をふまえて、むし歯の予防を考えた食生活を見ていきましょう。

脱灰は虫歯リクスが高い

食べ物が口の中に入ると、プラークとよばれる菌の塊ができます。そしてこの菌は「糖」を好み、酸を作り出して歯を溶かし出します。

これが脱灰です。

つまりこの脱灰の最中は、歯が溶けている状態のため、歯が無防備になっている状態ともいえます。

ということは、虫歯にもなりやすい状態とも言えるのです。

そして反対に、再石灰化は溶けた歯を唾液の力をかりて元に戻すことです。

まとめると……

脱灰=虫歯になりやすい状態を作る。

再石灰化=歯を元に戻して虫歯になりづらい状況を作る。

ということは、いかに早く脱灰の状態から再石灰化の状態にシフトチェンジできるかが、むし歯を予防する上で重要なことはお分かりいただけると思います。

では、食生活でどういったことに気をつけるとよいでしょうか?

ダラダラ食べない

口の中に食べ物が入っている、残っている状態のとき、脱灰が起きていると考えられますので……

いつまでもダラダラと食べていると、脱灰が長く続く状態になります。

テレビを見ながらダラダラ食べる・・・

話に夢中になってなかなか食事が終わらない…

といった状況は、ちょくちょく食べ物が口に運ばれ、いつまでも再石灰化ができない状態となります。

つまり食事には、無駄にかけずに、速やかに終わらせることが大切なのです。

しかし、早食いを推奨するわけではありませんよ。ダラダラと食べることは良くないということです。

よく噛んで食べる

最後に唾液の働きについて見ていきましょう。

唾液は、「洗浄=汚れを洗い流す」「抗菌=プラスの定着を防ぐ」「緩衡=酸を中和する」「抗脱灰=再石灰化を促進」に大きな役割を果たし、虫歯の予防にも大きく関わっているのです。

抗脱灰=再石灰化に唾液の働きは不可欠ですが、どうすれば唾液の分泌を増やすことができるのでしょうか?

それは、しっかりと(たくさん)噛んで食べることです。

唾液は何もしていない状態だと分泌される量は少ないのですが、食事のときは分泌量が増えます。

しかり、加齢やストレス、体調が原因で、唾液の分泌量が減少してしまうことがあります。

これを補うには、よく噛んで食べることが重要なのです。

よく噛むという行動は、意識すれば誰でも簡単にできることですので、ぜひ日常の食事に取り入れて下さい。

参考図書:歯みがき革命!歯みがきよりも大切なこと(著者:我妻美夕紀)